離婚をしたいと思ったらしっかりとした準備期間が必要

何らかの理由で離婚したいと思ったら、しっかりとした準備を行う必要があります

たとえば、パートナーの浮気が原因で別れたいと思った際には、できればパートナーに告げる前に浮気の証拠をつかんでおくようにすると後々有利になります。たとえば、相手が離婚に同意しなかったり、離婚調停になった場合などは浮気の証拠のあるなしは非常に重要で慰謝料の金額にも影響します。浮気調査専門の探偵などを利用して裁判にも通用する証拠をつかんでおくようにするのがポイントです。探偵の料金も以前と比較して安価になっていますし、全国展開している大手の探偵事務所であれば怪しい雰囲気などもなく依頼しやすくなってきていて、実際、多くの方が利用しています。

離婚に相手が同意して財産分与などを進める際によく問題になるのが住宅ローンの問題です。家にどちらが住むかという問題もありますし、夫婦の共同名義で住宅ローンの契約をしている場合は、どちらか一方に名義変更しておかないと後々面倒になります。共同名義からの名義変更には、ローンの残債の金額によっては金融機関側が受け入れてくれない場合もあるのでやっかいです。家を売ってしまうという選択肢もでてきますので、しっかりと比較検討する必要かあります。

ほかにも、子供がいる場合は親権をどちらが持つかという課題も出てきますし、離婚後の面会の方法なども決めておいたほうが良いでしょう。専業主婦の方は離婚後の生活設計のプランも立てておく必要があります。慰謝料が払われないリスクも考えて仕事を始める事も選択肢になってきます。とくにシングルマザーになる場合は児童扶養手当などの支援を受ける事も検討することになります。

いずれにしろ、一つ一つの問題を良く考えて解決していくことで離婚後の生活がうまくいくように準備しておくことが大切です。

離婚の際の子供の親権の決め方

離婚の際の子供の親権の決め方は・・・
1.双方話し合いで決める
2.調停で決める
3.審判で決める
4.裁判で決める

の4通りがあります。

2も基本的には話し合いですが、対立が強い場合が多く、第3者が間に入り決めます。3,4の場合は、裁判所が一切の事情を考慮して決定を下すのですが、基本的な考え方は、子供の今の状況の現状維持と子供本人の意思の尊重が重視されるようです。

子供が乳幼児の場合は、本人の意思の確認が難しいため、現状維持と母親が有利の場合が多いようです。父親が親権を取るには、日常から子供の面倒を看ているかどうか実績と、父親のもとに引取られた場合の監護補助者(多くは祖父母)の有無など重視されるようです。

乳幼児以上15歳未満の場合は、学校など子供自身の社会とのつながりがあります。本人の意思の確認も可能ではありますが、すでに両親が別居し、片方の親と暮らしている場合は、同居親の影響を受けやすく本心を言えずにいる場合があるという指摘もある反面、ある程度の年齢になると、もともと自分の意思で同居する親を選んでいる場合が多いという考え方もあるようです。

15歳以上になると、本人の意思で親権者を選ぶことができます。この年齢になると、母性よりも本人が進学等を希望する場合は、経済力が有利に働くことがあるようです。

痩せるサプリでダイエット

サプリで痩せるには、ご自身の身体に不足している栄養素を補うようにすることが重要です。例えば、体内酵素が不足すると食事を身体に取り込む際の代謝が少なくなりますので、余分な脂肪が蓄積されて太ってしまいます。

日雇い派遣

日雇い派遣で働きたいという方は少なくありません。条件の良い日雇い派遣の仕事の見つけ方や求人情報をまとめています。